evolution.com

翼製作所

意地の力

自分が住んでる辺りでは割とお馴染み、舞洲で行われるクリテリウムに行ってきました。

結果から言うとC1カテゴリで3位に沈んでしまう事に。

当初このレースは前進ボーイズ達が実業団の方で出走予定でしたが、ゴタゴタがあり誰も出ない事態に。サポート目的ついでに自分も一般の部でエントリーしてた事から単独会場入り。

f:id:magatama99:20190409123837j:image写真 川崎さん。

f:id:magatama99:20190409124004j:image写真  芦田君。

最近の練習疲労からか脚の状態は最悪。やれる事は少ないと後半の勝負所に動きを絞った結果、先行集団に単独で合流する事に成功。

それまでにも2〜3度試みたが後ろが活性化してしまい、まだまだ皆さん脚が残ってると状況観察。前に追いつく距離と脚は確保できていたが、ついこういう場面で面倒くさがって牽き切る走りはあるあるだがナンセンス。前を牽くのは自分が得する時だけだ。その辺がこのC1カテゴリは元プロも出てる事から走りがハッキリしてる。

自分は単独で追いつく算段が出来ているだけに集団と先行集団の差は大きい方が嬉しかった。いつもなら個の力でプッシュしに行くが同じように考えてる選手は他にもいるので、その力を利用して更にゴール前で脚を残していきたい、体調不良からまともな思考が働く。

折を見て先行集団に合流の際、1人単独で抜け出しており(VCのサトウ選手)先行集団で一度休みたい所ではあったが合流した勢いを使ってサトウ選手の所まで合流。

f:id:magatama99:20190409123900j:image写真、横尾さん。

どういう経緯で前がその形になったかは分からないが、一度先行集団で脚を休めようとすれば新顔の自分が混ざれば頼られる=牽制が入る=後ろの集団が追いついてくる、とあまり良い事は無かっただろう。

サトウ選手と2人で2周程刻んだが自分よりも終始前で脚を使われていたからか、やや消耗ぎみでペースは上がらない。スプリント力に長けながらもそこだけに頼らず前々で走る強い選手です。あとヤマシナがお世話なってます。

 

まもなくラスト2周というところで後ろから再びプッシュしてきたフクドメ選手が合流、良い勢いだった。

その勢いにあやかったが後ろはスプリント体制で列車状態、このペースでは捕まると判断しラスト1周に入るタイミングで単独で先行を試みたがラスト50m程の所で後方の追い上げに交わされ3位に沈んでしまった。

終わってみればもっと踏めたのでは?という気持ちが嫌という程に湧いてくるが、実際に踏めた踏めないがあったとしても事実この時は踏めてなかったのだ、踏みが足りなかった。

それがどれぐらい、ギア更に一段、ケイデンス更に5回転、更に50ワットを足すかで自分が表彰台で立つ位置が変わったのかと考えると、そこは勝ち意地が足りないなの一言です。

少し話を戻せば脚の状態が最悪というスタートから終わってみれば勝負に絡むに至ったこの落差に自分で驚いてます。それ程にどうしようも無かったので。f:id:magatama99:20190409124153j:image写真 マリーさん。

もう一つ言うとこのレース、このカテゴリはゴールスプリントの展開になると某元プロ選手方に盤石の体制でやられます。

バリバリ走られていたであろう頃から比べ、走力が自分みたいな子猫ちゃん寄りになって下さってるのは感じますが平坦と短いレース時間だと技術やご経験なのか、それがゴール前となると太刀打ちが難しい事が多い。

相手の出方が分かってるとも言えるので、自分みたいな子猫ちゃんはそういう展開になる前に1秒でも2秒でも前の集団に潜り込む事で勝率が上がると考えてます。

強い選手がいるおかげで自分の力が引き上げられるので感謝です、そして悔しい。

勝てた、というのが見えたり触れた実感があるとやはり楽しめますね。

基本自分主体の日記になりましたが、お知り合いも沢山いて、レース後は声も掛けて頂けて独りぼっちにならずに済みました。