evolution.com

翼製作所

潜入!小林邸。

随分暖かくなりました、がたまに気温下がるのでまだまだ寒暖差には注意です。自分もズボラなのでケアを怠けつい喉がイガイガになったり。

先週末は自転車のお仲間繋がりで連日練習の企画があり、そちらへお邪魔する事に。

土曜は登坂主体の練習、コースも短くはあるもののパンチが効いてます。ただ皆さん本調子じゃないのか坂に入る手前ですでに消耗ぎみ、肝心の坂はマイペース走。。。。

必ず負けないというのが目に見えてくると、やはりどこかで自分に甘えてしまい、一段落とした走りをする辺りまだまだです。

とはいえ平坦では力量が違っても集団走行が可能なので、皆さんに引き上げて頂きながら自分も追い込み優先で踏めるだけ踏みました。…がこっちもまだまだ力不足。

大変良い練習をさせて頂きました。

 

翌日日曜は場所を変えた周回コース、向かい風が強烈でまさに練習日和、何も考えなくても負荷が襲ってくるので楽、もはや苦しむのは当たり前という脳内が憎憎しい。

自分は遅れた人とご一緒しましたが、ペダリングやフォームを確かめる目的が前日の疲労で、あわや千切られるかもと綱渡り走行。

ここだけの話「待たせている」「合わせてもらっている」をいかに感じさせないようにするのはちょっとしたポイントですが、エゴと献身の違いを探るのはレースレベルでも必要な能力。

自分のような未熟者なら尚更、願い出たい所。

たまたま走力差があるだけで多少の力関係は生まれるものの、ぼくが学ぶ側教えて頂く側には違いありません。だから一緒に走ってくれる人には感謝です。

 

f:id:magatama99:20190404121005j:image練習後は小林邸へ。

練習ご企画して下さったカワサキさんのお声掛けでまたこうして素敵な会を開いて頂きました。

小林邸には薪ストーブがあり、そこで焼き上げるピッツァはもうコレほんと格別。

焼き上げ担当?の小林さん、終始調理して頂いた奥様には申し訳ない…けどピッツァ美味しいから手と口が止まらない……というジレンマ。

 

帰りはアシダ君と80㎞程の道のりを自走帰宅。真っ暗かつ、練習終えた脚は乳酸溜まりまくりでしたがピッツァパワーなのかスタート1分で爆走開始。ワガママにも先頭で走らせてもらい自分の好きなペーシングで追い込ませてもらいました。

 

鳴呼、充実かな充実かな。