evolution.com

翼製作所

正せ、見直せ、踏みたくれ

水曜はいつもの夜練、普段走ってくれる学生さんとこの日は2人。

大雨の影響で所々、土砂崩れなどどのルートが通れるか微妙で、仮に通れてもまだまだ地盤も緩んでいるので山あいは油断ならない。

比較的安全だろう道を選んで約40分程、一定の負荷でささっと終わった。

夜とは言え暑くて体力を奪われる上、最近疲労の抜けが良くない感覚があるためやや慎重に。

自分3分、学生さん2分で交代の繰り返し、スタートから良くないフォームで走る彼、とにかく必死だ。

これまた目的の入れ違い、頑張る事が目的になり過ぎちゃってるので勿体無い。ただ必死は悪くないし夢中になれるのも悪くない。

彼については、頑張るだけじゃない段階をとっくに過ぎているはずなので、同年代との戦いから頭一つ二つ抜けるにはその辺では?という話はよくする。

自分はウソは付かないけど、それが相手にとって親切とは限らない。だからどんだけ言ってもまた一緒に走りましょうとやって来る彼にはそのまま話したりします。彼も変わったヤツだ。

特別めっちゃ弱いとかじゃないので(弱いけど)力が大体ではあるが横並びした中で競争に勝つには目的がブレない事かと思います。

頑張る、とかはもはや当たり前でどう頑張るかが問題で、頑張る時間の中から休み所や力の入れ所を探れたりできると良い。

ガソリンは沢山あるから無駄に減速しても、踏み直しゃ良いって考えだと強くても、結果が遠のきやすく何よりあんまカッコ良くなくない?

ただここ最近はこういう走り手の方が増えてる(力に技術が追いついてない)のでレースの9割がそちら側になれば、長いモノに巻かれろ状態。その中で1人キラリと光る走りが出来るヤツになって欲しいのが自分の気持ちですが。

 

自分も人に言えた程に自転車を上手く扱えてるか怪しいも良いところ、何よりまだまだ弱ぇから。