読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

evolution.com

翼製作所

ガラにもなく

 

今週の夜練は久しぶりに複数で行った。

場所は近くの2キロ平坦周回。

 

自分入れて5人と奇跡的な集まり、

皆さんありがとうございます。

 

内容はビルドアップのノリで

20周をエアロビクス、10周回をレース速度で。

比較的全体にまとまりができ、各自最後は

それなりの追い込みが作れたなと感じたが

実際皆さんどうだったのだろうか。

 

自分はこの日、体内循環が良かったのか

驚くほど踏み所が良く、終わった時点で

もう1セット イケる気がするほど足が余った。

いや、足が余ったというよりは疲れを抱えてるなりにまだ出せますよって感じかな。

その疲れさえ感じない おめでた脚だった。

 

普段1人でやってる内容なので

人と走る分、休む時間が増えて

体感的にもラクに感じると言えば当たり前か。

その分、速度も濃度も上がるので1人とでは

全く別モノには違いないがこの日は体が素直に

動いた。こういうのも人と走って初めて気付ける。

 

この練習の不思議は最後に近づくほど緩まないので、途中、特に前半の過ごし方で脚に差が出る所。

最初の20周のペースには余裕がある、

余裕があるけどその後にぐんとペースを上げに行くと上手く踏めない回せないが発生する。

 

それは何故か?を考え探りながら

走る回数を増やしていくほど、

自分が良い走りをできる方程式が見つかる。

その点を思うと自分はまだまだ模索中で

すぐに弱るヒヨコ脚だな。

 

有難うの対義語は当たり前らしいですね、

沢山の奇跡が繋がって今の自分が居るという

事でしょうか。

だからこの日のメンバーと一緒の時間を

過ごせたのは奇跡、有難うです。

 

たまには悟るのもアリだ。っはは。