読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

evolution.com

翼製作所

戦えていない

振り返れていても
口にしたり文字にするのも必要。


先週のクリテリウム
チームとしては監督から何も無く、
アップ中にエースから一言二言を告げらただけで内容としては自由度が高く、
ぼくはまず自分のために走る事を決めた。

前週の落車の傷もまだ未完治で
少々関節等、痛みを感じつつだったので
まともに走れるかが正直な所。

リアルスタート後、速攻。
ぼくの戦略は必然とエースを有利にできる側面もあるためどんどん速攻。

その矢先にパンク、ニュートラルを使う。
走り出してすぐに違和感。
自分のホイールを渡していたが替えてもらったホイールはエースが使う超軽量モノ。

軽量を扱うのに抵抗が無かったが
今回合わせたホイールはクリンチャーディープの重量があるモノだったので後輪、前輪の差が激しくヒラヒラ感が操作を不自由にさせた。
この日の爆風も手伝って、最近ただでさえ攻めれていないコーナー速度に拍車が掛かった。

これが今回の反省のひとつ。
替えて下さった人は良かれと思ってなので、その場で先を見越して判断できなかった自分が100%悪い。

ニュートラル復帰後、操作感を掴むため最後尾でコーナー練習と下ハンでの掛かりを確認、その後、前の動ける位置に上がる。

前に上がる際、数名に動きを合わせられていて少し状況が変わり、残り周回を睨みつつ展開を待った。

残り4〜5周回、5〜6人が少し先行する形でぼくのいる後ろ集団と差が開いていく、獲物が目の前に現れた気分でホームストレートを使って追いついく。

差は5秒程の微妙な所。

合流後すぐ先頭交代に加わり
約一周、後ろとの差を保つが捕まり、
ラスト2周。

最後はゴールスプリントになり最低限形にしたが、ただでさえ分が悪いスプリント、番手の詰めの甘さがそのまま分の悪さと混ざり、大きな壁となって7位に沈んだ。

ただただ気持ちの弱いレース。

残り4周回時の前数名に合流した時が
自分にとっては勝負に出るチャンス。

後ろに捕まった理由として、

•後ろが追い上げた
•前がスムーズに機能しなかった

この2つ。
この時、ぼくに取れた選択は

•前をスムーズに機能させるため
積極的に牽く。
•前数名から更に先行して単独又は、人を絞っていく。

特に後者がアツかった、残り周回を考えても自分の勝率を上げるため仲良くする事より人を切る事を優先するべきでありチャンスだった。

これがもう一つの反省。


最後は形を取っただけなので
順位に関してはあまり感想がありません。
狙いにいって獲れなかった舞洲とは
また訳が違います。
ホイール交換の件にしてもスプリント勝負は絶対に避けなければならなかった。


攻撃的だったかもしれませんが
人間の臭みがまだまだ出てます。



上を睨み、前に進める事に喜びは
感じてます。
今回サポート下さった方に感謝しています。


f:id:magatama99:20151008225721j:plain
Photo by yano