読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

evolution.com

翼製作所

「すこぶる高ぶる」



土曜はぼくが登録レースを走らせて頂いてるチームの忘年会でした。

昼は集まれる者だけで走行会、
天候良くなかったので近場の人だけで動きました、次は全員集合したいですね。

昼練習は平坦周回を使って手短に、
けれどガッツリめに。
今回は逃げと追走を予め出来上がった状態にして展開を進めていく内容。
結果、やはり逃げ切るのはそう簡単でないし、捕まった後の動きも大切なので
自分の力を確認できたのはメリット。

個人的には、あえてフリー走行にして
全て、あらゆる動きを自分の意思で決めなければいけない練習をしてもよかった。
逃げるにしてもアタックをしないといけない、そして決めなければいけない。
自分の体力は?残りの距離は?
自分以外の人の様子は?
そういうのを走ってる人全員が頭に入れながら練習すると展開にランダム性が生まれてレースなど色々な場面に臨機応変に自分の走りを変えて、作っていけると思っている。

お決まりのアタック、
お決まりの追走。
その役割の人のコスプレを
してるようなもんです。

本当のアタッカーは誰?
スプリンターは誰?
それは心から勝ちたいって想いから
必然と導き出せるのでは?

自分が勝つためにはどうしたらいいかを
ちゃんと考えないと置いてかれてしまう、何もさせてもらえない、そんな練習良くないですか?
…たぶんシンドイですけど。。。。

ただ、全てをいっぺんには行かないので
コスプレから入るのもイイですね、
非常に有効的でした。

スプリント練習ですがエース直々の
発射台はやはり相当なプレッシャーだったようでいつもに増して体が固まってましたね彼は。
でもこんな贅沢な練習ないんやで。
ぼくも羨ましいわ。

練習後は移動して夜会へ。
フル参戦とはいきませんでしたが
ワイワイとしました。

真面目な話しも加え。

豹のチームはこれからどうなるのでしょう。
どんどん簡単では無くなってきます。
けれどそれがまた自分を駆り立て、
きっと人生のスパイスになってしまうんでしょうか。

まずはこうして無事にチームとしての
一年を迎えれたのは心からホッとしています。

来年も良い走り、最高の結果。
以上に怪我なく一年、自転車を走らせていきたいと思います。