evolution.com

翼製作所

「押し寄せ練」

実りの秋となるか…?
やることは沢山ありますが
すんなりとは行きません。
そんな時は急がば回れ、この言葉はある人に教わった大切な言葉です。

今日はナガラさん企画の練習に
お邪魔してきました、沢山吸収をしに。
ここぞとばかりにこの機会を逃さぬまいと刺客?…お供え?…
いえ入信希望者を4名、非常に無理を言ってなだれ込むように参加。

自己紹介や少し込み入った話などで、
ナガラさんにはいらぬ神経を使わせてしまいました、すみません。

直前にも関わらずご了承を頂きました、
ありがとうございます。
フォローして下さったマリーさん、
ケベルさん、ありがとうございます。

練習内容はベース練主体。

人数が多いので負荷を一定に
していくには難ありでした。
上がる分には構わないですが
下りになるとどうしても脚を余してしまうので淡々を刻むのは難しい。
それも技術か、とやりくりしましたが
どうしても落ちる所は落ちてしまう。

ぼくもまだまだです。

右回り、左回りローテで集団混乱、
神経が研ぎ澄まされてサイコー、
普段サボってる部分が見えてきますね。
ナガラさんがぼくの横を交わす度に
グローブをシュッてかすめていくのが、
テンション上がりましたよー。


イマムラさんと久しぶりの再会でしたが
あの淡々とした静かな走りは変わらず…
という事でぼくも負けじと淡々と…
行きたい所。

少し頭が痛い、頭痛持ちなので治まるかと思いつつ治まらない、強度が高くないおかげで快適には走行。

引率した若者3名は何とな〜くローテーションに入っているので、なんでやねん!
ナガラさんの後ろ陣取らんかい〜!
という感じで言って1人1人順にタイミング見て後ろを走るようにギャーギャー言いました。

遠慮しちゃうんですね。

勿体無いじゃん。
一緒に集団走行をするのも貴重だけど、
その人の後ろに付いて走るのは
更に全然違う。
知らず知らず逃しちゃいますよ。
コニシ君は自発的でしたね、自分の意思で自由自在に〜。
彼はぼくよりも強い選手で自転車の先輩なので教わる事が多いです。
けどレースでは1人のレーサーでしかないんや〜、いつでも喰ったるぜ〜。

流れは15キロ程の周回を4周。
休憩後、遠回りして2つ短い峠を越えて
朝の集合地点に。

2つの峠は自由解禁、沖縄前のリベンジ!とぼくの脳内メーカーは一気に


「復讐」


の文字で溢れかえりましたが、
ズキンズキン…頭痛ぁぁぁ……。
土日の疲労も拍車が掛かって
身体も余計に暴れる。
モガイたら割れそうな痛みに変わってしまいそうなので撤退。。弱いね。

とりあえず少年A、キタニシ君に番手まで上がるよう勧めて「あとはもうやる事分かってるだろ」と。

練習後の談笑Timeは…無言。
ぼくもお喋り得意じゃありませんが、
見事に静まってましたね。
皆さん、憧れ…緊張…遠慮…色々あるのでしょうか。

前冬に比べ自分の余力をたっぷり感じながら走る事はできました。
これからって感じが走り終わった時に
キましたよ、距離は少なめでしたが。

余力は感じたけど、まだまだ細かな動きへの正確性が甘甘です。
フォーム作りへの道は遠いけど楽しい。