evolution.com

翼製作所

「培え力、養え嗅覚」



火曜、半日空いてるので自転車の練習。

見土呂8:30.早朝の用事でギリだったのでメールだけ送って車で向う。
8:35ぐらいに着いた。

メンバーはねこさん、イノウエ君、
ヤマシナ少年、ぼくの4人。
もう1人予定してたが風邪を引いたらしい

この日やりたい練習を伝えて、
目的のコースである小野の周回へ。
この日も暑いぜ。

道中、少年が少しオーバーペースぎみで
ねこさんが優しく諭してくれる。
ぼくの言いたい事、やりたい事を。

けどやっぱり元気があるってのは良い。

一度コンビニで止まり、補給整えて。



小野GCC周回  5周  (1周約8km)

メインは登り区間。

心拍を普段使ってる人には心拍の目安。
出力計使ってる人には出力の目安を伝えて。
ねこさんは一度同じ内容の練習を
走ってるから説明不要、これが大きい。

ぼくの説明が下手で少年が混乱してたので、“5分だよ、たった5分を周回中に頑張るだけ、それを5回やるんだ“と言ってみた。

1周回目、
入口から速い、ねこさんが牽いていく、
途中でイノウエ君が抜かす形で前を代わる。少し皆張り切り過ぎか。
ペースが安定するまでは火に油になるので前に出ず後ろ+横並びで。
ぼくもなるべく同じ負荷は掛けてたい。

2周回目、
1回目がイノウエ君の5倍を超えていたので、5倍縛り(付近)で走ってもらうよう言って、それに皆で一度合わせましょう、と。
少しは安定するだろうなと期待。

少年にはイノウエ君の後ろを走るように言って気持ちが切れないようにする。

入口から少し落ち着いたが、坂ー平坦ー坂と微妙な変化を繰り返すと良い具合に上がっていく。
後半ねこさんが前に出て皆後ろで踏み直していく、まぁキツい。
少年が変速不良なのか下向いて、
脚を止めたのでギアが入るまで背中を押す、まぁ重い。

少年を戻した後、ぼくも戻るが
千切れたくなった。

3周回目、
前をいく2人に少年が後ろ後ろにってなっていたので、最後尾を走らせないように間に入ってもらう。
3本目で千切れちゃ意味が無くなる。

体感的にはこの本目が辛かった。

相変わらずイノウエ君、ねこさんが
向かい風の中、先頭でペースを作ってくれる。


4本目、
1〜2本目は明らかにオーバーペースだったが4本目まで来ているのでやり切るしかない。
ペースの下降だけは避けたいと
この日のペースメーカーにお願いして
入口から再び踏んでもらう。

皆、所々脚にキかけているが
ペースメーカー2人が強力なので
ぼくも自分の練習に集中できた。

ゴール手前、少年が抜けて掛けていくが自分が思った距離感では無かったんだろう、そこから伸びず、後ろからイノウエ君列車が上がっていく。

ぼくはこれを分かっているから
我慢して乗車する、
若者よ、これが本当の最終便なのだよ。
…といいながらこの乗車は相当脚にキタ。

少年は後ろに下がって少し遅れて来る。


5本目、
イノウエ君先頭で。
途中斜度の変わり目でねこさんが代わる事でペースが落ちずに進む。

後半、しんどいながら少年が良い表情をしてるので最後は掛けれそうだな、と。

その大事な後半でまた失速、
メカトラなので、直るまで背中を押して
離れないようにする。
1度目と違い“すみません“と言ってこなかった、正解だよ、謝る暇があれば踏め踏め。
ぼくも言われる時に顔を見られなくて済むからその方が助かる。
余裕の無い顔は見られたく無い。

カーブ曲がって残り200〜300m、
斜度が上がる所、ここは遅れないよう
集中しなくちゃいけないし、ギア選択を間違えると置いてかれる。

少年が立ち上がったので、
“もう立ちっぱなしで最後まで行けよ“と言った。
先頭付近まで上がっていくが、
そこを横並びして少しリードしていく形で後ろに付いて来させる。

畳み掛けるように言葉浴びせて
自分の持ってる力をこの一瞬に
注いでもらうよう、魂で呼び掛けてやった。


皆強いわ。



f:id:magatama99:20140820101906j:plain

少年、17歳だってさ。



終了後、自販機までいって
喋ってからイノウエ君と別れ、
ぼく達は3人で見土呂まで帰った。


少年には4本目のチャレンジは良かったと言って、もっとやった方がいいぜ、と。

距離が届かず失速したって事は
自分の射程距離を把握してない事が要因のひとつだから、色々な距離から試して自分の射程距離を知っておけば良い。
試さないとその機会は失ったまま。

レースで失敗ってやりたくないし、
もったいない、恐い?じゃあ練習で
どんどん失敗しちゃえ。
けど必ず真剣に、そして出し惜しまず。
レースに近づけたモノで試さないと
その練習は似ても似つかない。

バリュエーションを増やしたければ
失速して届かなかった距離分、伸ばせるような練習をして補強していけば良い。

だから練習は失敗の経験が多い程、
人より学べる。
ぼくより若いってだけでその絶対数
すでに違うんだから武器だよなぁ。

帰りは脚が終わってますと笑いながら話してきたが、楽しかったとも話した。

ロードにも順応していてヒルクライム上位常連のねこさんの経験や、
E3の少年にとってE1で連続入賞して
P資格を取ってるイノウエ君の力や走り方は今見て感じるには悪いタイミングじゃなかったはず。


周りに強い人が居るって
本当イイな。

サボらずに済む。