evolution.com

翼製作所

「脚とアタマ」




歪み(ヒズミ)

どうしても生まれてしまうもの。


集団で走れば歪みだらけ、
レースなら歪みが生まれるのは当然。
それに対応できなかった者負け。


練習では皆が走力バラバラ、
そして考え方もバラバラ。

集団内でガムシャラに牽く人が居れば
その前を走ってた人は列車に再復帰するのに脚を使い、後ろを走る人は小さな加速を行い、それが最後尾まで伝わっていく。

たまに居てくれる集団内の潤滑油役。
この人が前の人から伝わる歪みを受け止め、消してくれる。

つまり加速せず、緩やかに追いつく、
前との距離を詰める。

ただこれもかなり脚を使う。
出来る人も限られる。

まさに練習ならでは。

脱落者を出さないための手段。

歪みは悪者でもない。
レースでは必須。
そういう練習も大切。



細かな小技が効いてます、集団内では。

ぼくも何も考えず走っていた時は
きっと誰かが調整してくれてたんだな、
と思います。

最近は歪みを作る事があっても
無意識」から「意図的」に
変わった気がします。