evolution.com

翼製作所

『雨の中と晴れ間と執行』





調子が良いので今日も日記を
書いてしまう



ちゃりマツさんの企画、お誘いに
甘えさせて頂いてアワイチ

ちゃりマツさんから呼んで頂く
練習会はいつも刺激が
沢山用意されてるから
ボクには欠かせない

朝乗るフェリーの時間に合わせて
家を出たが、F95の前輪のスポークが
飛んでいたので戻ってARに乗り換える

完全にミスだ
前日にチェックしなかった
ボクが悪い

TTの如く飛ばしたが
あと一歩及ばなかった

お待たせさせてしまった皆さん
本当にすみません。


「バイカーズカフェ チルコロ」 
http://circolo.co.jp/ 

ここに集合でここからスタート

こちらのお店のオーナーさんが
とても話しやすくて良い人なので
また来たいと思っていた

着いたら10人以上の大人数だった
特にリブロングの方が多い
ソレイユからも処刑人と
ブルべ部部長さん(BBさん)







人数も多いのでスピードが落ちず
割と『楽』を感じながら
刻めるハイペース

数人がハイペースで走るコトに
テンションが上がってるのがわかった

気付いたらグループが分かれていて
先頭から降りて最後尾を待ってたら
7人ぐらいに減っていた

水仙登りは入り口まで
ちゃりマツさんがリードアウト
これで手が抜けなくなった。

今日は高校生の子も居たので
しっかり上げないと、となって
処刑人が先頭で登りボクも続いた

みんな千切れていく

南淡路の区間は
平坦でも気が抜けなくて
皆がだんだんと牽けなくなる
その中で処刑人がパワフルに牽くから
またみんなが前で牽く力を無くす

西チャレで脚に入った刺激が
残ってるんだな、と感じた
今日の処刑人は強かった

登り区間も入り口ですぐにバラけて
また処刑人と登る

心拍180〜ぐらいだろうか、たぶん

今日はスタートからすぐに
ガーミンの電池が入らず全て感覚だ
いっそ縛り無く走れて気持ちよかった。

福良あたりから雨がパラつき始める

残り50キロ切った時には
もう浴びるように溺れながら走った

服もビチャビチャだ
視界も悪い

その中で更に処刑人のエンジンは
高回転をヤメない

雨の中35〜40㎞/hは久しぶりに
恐怖感が出た

処刑人の牽きは止まらない
圧巻だ、圧巻。


なんて日だ、とても辛い

そして楽し過ぎる。。


今日は苦しい時ほどよく
処刑人や周りに話し掛けた

まだ舌戦を使うような歳じゃないのに
今日はよく口が回ったと思う

こんなの自分じゃない

けど案外楽しいもんだな、と感じた。
相手の脳に何かしら働き掛けれる。
メンタル弱い人なら有効だ

けどほどほどに、
というかもうしないだろうな、
こんなコト。




登り後の平坦や下りを人数増やして
なるべく回したいですね、と話して
頂上で待つを何度か繰り返す

BBさんの調子が良さそうだ
前よりまた強く感じた。


ラスト30㎞はみんなまとまって
平和協定の中、消化していく


最後もチョイとスプリント風味に
仕上がって1周終了


震えながらチルコロ店内で
暖めさせてもらう


結局、一緒に走ればこの2人ですね、と
少し処刑人と話した



けど今日はもう1人居た




登りで皆千切れていっても
一緒に走り平坦、下りも常に
先頭で居た少年がいた

高1らしい

良い素材過ぎるぜ


もう1人の少年も居たが
短距離の方が得意らしい
普段は登りも速い、と

若い世代は脅威だ



だから今日はこの3人で長い時間
苦しみあった(少なくとも自分は)


少年はバランスも良くて
どの区間でも基礎力が高い

水仙の途中では
一度アタックもしていた

攻撃的だ




今日の自分の脚の残り具合を見れば
もっとカスカスになるまで
絞り切るべきだったな

確かに辛く、厳しい強度が続いたけど
大崩れしたくないからと守ってばかりの
消極的な走りだ

登りの入り口でギアを掛けていく
少年やちゃりマツさんのような走りを
していかないと。

あの出だしなの動きは
やっぱり素晴らしい


スパーンとその後で千切れてでも良い

それでもチャレンジして
攻撃は継続していかないと。


千切れる所に
自ら飛び込むべきだろう



多少は怪我を気にしながら、や

その日、その毎に具合を見ながら
走る部分が今の自分にはあるけども
時に『サボってる』感覚に襲われる

けど気に掛けてるおかげで
痛みや慢性的な張りは
少しずつ無くなってもきてる

まだ何が正解かはわからない

我慢して
もう少し大人しくするコトが
今は正しいと信じて
自分の強度枠で継続して走るか。


迷うぐらいなら
ブレずにやろうと思う






雨に濡れ随分濡れたが
オーナーさんのお店で
着替えやタオルをお借りでき
命を取り留める


美味しいランチを頂き
身体の芯が温まって
命を取り留める




美味しかったです。


個人的にはちゃりマツさん直採りの
ワカメのゴマ和えも大好きでした






175㎞
帰りもフェリーで渡り
自宅まで走り帰宅


バイクを急いで拭き
衣類を洗濯して
ゴハンを食べる



後はしっかり寝る




大切なコトほど意外とシンプル