evolution.com

翼製作所

夜中の300分

昨夜のアワイチ事情を語りたい。

いつもの夜練のノリだが何故だか淡路へ。どうしてもそこで走りたかったという事ではないがこの日の天気予報から普段のコースでは雨雲が見られたので加味した結果、淡路であれば回避できるのでは?と迷わずゴー。

因みに誤解を招かぬよう言うなら淡路は走りたかった訳でなくても、素晴らしい土地なので自分のような自転車乗りにはその土地に降り立ち自転車に跨るだけでかなり気持ちが上乗せされていく。そもそものコースモチベーションが高い。

話を戻していくが回避とはいえ濡れ覚悟は必須の為、今回装備を固めておいた。

オイル、ホットなものを塗りレインジェルで上塗り(ワセリンでも代用可)

インナー、メッシュ生地でありながら熱をほどよく逃さないかつ、汗を外へ逃すモノを。

泥除け(簡易)お尻の汚れはなるべく避けたい。

シューズカバー、皆さんおなじみゴム素材のモノ。

見た目としてはインナー、長袖ウェア薄手、防風ジャケット薄手。

下は半パンビブに足元シューズカバー、因みに靴下は冬物を投入。

 

といった具合だが一見軽装備に思えるも、自分としてはグッドチョイスで成功。軽装備はオイル頼りの要素が大きいのと止まらず走り続けるという程があった事から走行中の快適さを最優先。途中雨に濡れても足元は弾くポイントだけ抑えた。

足元だけは濡れて重くなるとペダリングに直接支障が出るため装備は外せない。

あと夜間のため視認性も重要だがライトはもちろん、白ヘル、ウェアの反射素材が活かせたのではないだろうか。

 

そんな装備と心構えで臨んだ約5時間の練習、

テーマはひたすら脚を回す(止めない)。ノンストップで刻んだが行きは横風、帰りは向かい風となかなかの荒れ具合。

夜中に浴びる海岸から打ち上げられる波や潮にはそこそここたえ、向かい風というより爆風の中、後半2時間は回す+踏みっぱなしと練習としては強制的に質を上げざるを得ない絶好な環境に身を置くに至った。

 

雨には幸い濡れなかったが、無類の雨好きとしては少し拍子抜け。

雨回避でコースを変えてる時点で矛盾したことを言うが、今限定でバイクを汚したくない理由がありまして。

 

どんな状況も楽しめるかを極めて行きたい。

皆さんの自転車ライフにも幸があらん事を。

 

ファイト

夜練、家出る前にチャーミーとレポートの件で電話してたら同じく走るとの事だったので、じゃあ一緒にと待ち合わせ。

普段使いのホイールをノマンズに渡してるため、空きホイールをあてがってGO、変速も問題無いと思うも家出ていざ乗ったらガキガキ、ゴキゴキ。

待ち合わせ場所まで行ってチャーミーに診てもらった(元自転車屋)結果チェーンが伸びてクランクと噛み合わず。

歯飛びしないよう神経を使いながらチャーミーと裏ミトロ5周、整備不良に付き合わせてごめんね。

3周ビルドアップ、1周イージー、1周全力とな。体調や整備不良、諸々抜きにして普通にキツく走りごたえがあった、サンキュ。

おいおいこっからだろ!という辺りで苦しんでたチャーミーがどうだい、そのペースでリードしようとしてくるぜ。

おかげで自分も胸借りてぶりぶり踏めました。

まだ背中拝む訳にいかないので要所で前を走ったが意地でなんとかという感じ。

強かったから今週のレース良いんじゃないかな、特にロードなんて彼向きでは。

それ以上に相性の良いノマンズも居たね。自然体でありながらここ一番の集中で、出すべきタイミングで力出せたら良いな。

開催最後のレース

石川県、輪島へ。

いつも通りいつもの感じで順を追い、前泊して当日目覚めたら腰が変。

やらかしたかな?すぐ治るかな?と深く考えないようにするも皆んなと会場へ向かうまでの道中である程度絶望。

腰痛癖はないが思い当たるなら仕事の疲れが腰に蓄積されていたのではと言う辺り。

もしくは運転中の姿勢、宿のベッドの具合など。

なんにせよ現状よろしくなく、前日まで皆んなとキャッキャしてた自分が翌日急におじいちゃん状態。

スタートに並ぶがこの時点でもまだ走らない選択を取るか考えていた。アーメン。

 

コースはヒルクライム10分、下ってヒルクライム5分、下ってまた最初の10分への繰り返し。

とりあえず最後尾から走るが案の定色々ヤバい、それ以上にレースペースがキツいからどうヤバイかがわからなくなってきた辺りでアドレナリンモード開始。

 

普段以上の力では走れたがいる位置としては僅かな光を手繰り寄せる感じ。

それなりの(自分より全然格上) 選手達の中で走るがこのグループも降ろされる事に。

 

腰ドカンが有ろうが無かろうがギリギリで走る事に変わりはなかっただろうが、ちょっと今回は勘弁。気持ちよく身体を動かして限界ラインを楽しみたかった。

 

 f:id:magatama99:20171010121308j:image景色最高だね。

 

1本だけ、たぶん2周目か3周目でミラクルモードになり、20人程抜いて1つ2つ前のグループへ行けたが不思議な感覚だった。

低いレベルでの話だがこういうのがレースだと生まれるから楽しさがある。

 

とりあえずの更新でした。

くるくる

夜練、25キロ程の周回を3周。

 

ひとつデカめの峠の下りを除いてはずっと脚を回し続けた、30分、1時間と続けていくとその回す行為だけでも辛くなる。

ある程度体重を乗せて踏みを強くした分もあるが、それにしても回転力が落ちてる。

 

あと予定している数戦、楽しみ半分早よ終わってゆっくり(気持ち的に)したいのと。

単なるモチベーションが下降ぎみなだけかな。

コソ練

レース出たよ。小規模ではあるが地元で定期的に開催されてるありがたいもの。

次のレースまで間を空けたくない事から走らせてもらった。レース荒らし状態は申し訳ないなと気が引けていたが集団に影響与えない走りの分にはアリかなとボーイズと共にGO。

しかし見事に玉砕、良い練習ができました。

 

ペースそのものが早く、集団に居るだけでアベ37〜、これは比較的早い、早いよね?この比較的早いアベ37集団から逃げるのは練習になるなと初っ端からイケイケGO。

それで脚も見事に終わり玉砕、力不足を感じれる良い機会になりました。

この走りであれば他のレーサーさんにも直接関わりなくイケたかなという感じでいたが、自分と同じくらい、又はそれ以上の力ある選手が集団前方固めてるのには驚き。

ペースを落とさないようずっと淡々。誰が得してるんだろう。皆さん、自転車好き?楽しいですか?って思わず聞きたくなるようなお通夜の空気。

走り方はそれぞれ、狙いもそれぞれかと思うので自分の意見する所ではありませんが知ってる強い人達がいた分、少し寂しい気持ちになってしまいました。

ボーイズもまぁまぁの玉砕っぷりを見せてくれましたが、走る前に強い走りで勝つ事を目指す走り方、憧れてもらえる走り方を意識して走ろうかと言っていたので、少しでもそれへ向けて進めたならまたそれも貴重な経験。

まだまだおっさん走りは覚えなくて良いと思うので。

 

せっかく登録選手や自分と同じカテゴリを走ってる選手がチラホラ居たので、ドンパチしたかったが1人では何もできないという良い証拠でもありました。

 

葛藤

自分のレースの一方、下のカテゴリではボーイズのレースがありチャーミーが2位、キャプテンが5位と活躍三昧。

ゴール前100m程の位置で見ていたが自分は瞬間的にチャーミーに声をかけた。

何故なら勝つ位置にいたから。

キャプテンはそうじゃなかったかと言われると決してゼロではないんだけど、後ろを確認する姿を見てしまった。本人のハートを。

そんな2人を見て自分は咄嗟に勝つ可能性を優先して動いた事になる。

その後惜しくもチャーミーは2位、キャプテンは粘り5位に入った訳だが自分に襲ってきたのは自己嫌悪。何故2人を応援できなかったのか。

非常に贅沢な悩みでしたが、それほどロードレースは残酷な競技なのかも。だって勝つのは1人だけ。

だから1人になる事の価値は大きい。

 

f:id:magatama99:20170922213354j:image今回チームに寄り添ってくれた番長。彼らにとっても心の拠り所となるのか何だか普段に比べリラックス。

こんな時にちゃんと走りで返す彼奴等は真面目と不真面目さ、ガチと手抜きをもしかすると心得ているのか。

 

 

初心

山口でのレースへ行ってきた。

2日仕立てだったが台風の影響で初日のロードだけに、コースは小高い丘の尾根状に続く起伏区間がありその後は平坦でぐるっと周回、尾根状区間を今度は逆から、そしてグッと下ってラスト1キロはずっとキツい坂でゴールがその頂上にあるといったモノ。

コース的には嫌いに感じず登りの斜度も好みの部類、それよりも要素を占めたのが雨風。

完全に自分のミスで悪い走り、悪い結果になるべくしてなった。

登り区間、案の定人を抜く率の方が高い。人を掻き分けある程度前に上がったら少し前に集団。登りを終えるまでにそこに追いつかなければ厳しい。

3〜5秒差で付けず、そのまま尾根状区間をペースで追いかけてる途中、後ろに集団。その時点ではまだ距離があり自分と前の集団との距離間が少なかった。

が、自分は足を緩め後ろを待って簡単に追いつく方を選んだ。その時は前とその後ろから来る集団はやがてひとつになると思ったから。

けれどそれは叶わず、タイム差も開いていった。合流した集団は追いつくモチベーションは高かったがペーシングが最高かと言われれば微妙。自分より登りで遅れた選手ではあるのでポイントではペースが緩いとさえ感じるがそれ以外の区間はイケイケ、この状況に錯覚を起こしていたか。

f:id:magatama99:20170919023545j:imageKensaku SAKAI(FABtroni+camera)

隠れちゃうのはちゃんと風下に入ってるという事で…お願いします。

 

自分が単独で追うのを諦めた前集団は完走していた、これがこの日の答えに近い。

ズル賢さが心を腐らせている。そこに経験があればまだしも無いのに要領を掴もうとしている。

形にできたレースを落とした。

ひとつ指標にしているのは前まで一緒にペースを合わせて登れなかった選手達との距離感が近いと感じた。コース相性、それぞれの体調、指標にするには不確率だがもし読みが当たれば、今の練習や体調は上を向いている。

f:id:magatama99:20170919023500j:imageKensaku SAKAI(FABtroni+camera)

 

振り返れば登りでタレた記憶がない、かと言って速く登れてる訳でもないが。

 

じゃあ何が足りてないか。

準備した力を使う頭と気持ち、根性。

もしくは準備の段階で一緒に鍛えれていない。

 

抜け出せなくなる前に気付けたのは幸せ、

失う前に取り戻せるのは感謝。

f:id:magatama99:20170919023747j:image Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)