読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

evolution.com

翼製作所

合言葉

新しいチーム、SNSの力の偉大さに驚く日々、嬉しい反面、怖さもあるな。

 広まるのは良い事、知ってもらうのも良い事。最終的には走れる奴らか?は必ず問われるのでやる事やっていかないといけないのも不可欠。

 形を作るのは彼ら選手。自分はそんな彼らの活動を見守り、寄り添い、時には様々な媒体で皆さんの目に耳に、心へ届ける。

 と言えば超カッコ良く、それっぽいが残念なぐらいに何もできない。学びです。ゴールの無い、満足と縁がない。

 ひとつ言うとタイミングは大切にしてます。彼らのアクションやそれによる結果など、出すべきタイミングで出す。これがまた加減が難しくちょっとした駆け引きが欠かせません、まるでゲームです。

チームSNSを通じて自分の国語力の低さがバレるのは少し歯痒いですが。。。

 選手達の価値を高めたいんです。その一歩としてまず自分が他の誰よりも選手を大切に扱えたらと肝に銘じてます。

 頑張りや結果はちゃんと評価されてほしい。自転車ってしんどいじゃないですか。払った犠牲は必ず身になり、エネルギーが漲るその状態は生活に張りを作り、日々を輝かせる。そんなのを1人じゃなく誰かと共有できたら楽しさ何倍よ?ってなりそうでワクワク。

 自然と出来かけてる合言葉、皆で思いをひとつにするには最高の言葉になりそう、かな。成るように成れば。

 

 

開幕の地へ

今年は今まで走っていた下のカテゴリではなくJプロツアーという場所で走ってます。

 

自分としては現状、力が不十分で完走も危ういレベルに身を置くといった具合ですがそこは挑戦心、高い志しを武器にトライし、与えられた機会に感謝の気持ちを持ってより難しい状況を楽しんでいければと思ってます。

 

週末、宇都宮ロードが自分の初戦。勝負所の坂が壁か?という感じでそれを11回。

 

初めて走るレベルに面食らう場面もあれば、やっぱりなという感じや、これはイケるなという感じ、とにかく全てが新鮮。

 

ただ完走はちょっとした驚き。もちろんそのために全力以上のモノを出しましたが

こういう結果に辿り着くとは思っていませんでした。

 

自分としてはスタートラインに立てた気持ちですが、ここに至るまで沢山の人の力を借りて来ています。

だからありがとうが一杯。

 

今日はここまで。

書く事は沢山あるけどダラダラはヤダし

簡潔にまとめる力も。。。

 

とりあえずの日記更新でした。

 

f:id:magatama99:20170321003852j:image

先ずは猫パンチかませるぐらいに

なりたい。

 

見つけてね。

 

 

夕方からの下ハン握り込み

今日は夕方から走る事ができた。

 

70㎞程、少し疲労の溜まりを感じていた(心配)ため手短にして、代わりに短時間高負荷。

 

来週にレースを予定しているため、

練習量は落とすが質は落とさないというのを

意識、自分にしてはえらい真面目。

 

100m程の坂をインナーで6本ダッシュ

400m程の坂をアウターインナー交互に5本ダッシュ

同じ400m程の坂でアウターモガき5本

 

100m坂はオマケ程度なので脚を回し切る辛さがあるが、後半でも回せるかのチェックが目的。

400m坂 計10本が坂の斜度に対し、かなり踏み込むので相当のダメージが練習終わりに残った。

 

練習メニューを済ませてからの自宅までの

30分、見事に前腿だけがスカスカ。

 

自転車が楽しくなってきたな。

 

 

 

 

 

ウソじゃなくマジ

 

自転車チームを作る事になった。

 

といっても自分が作ったのではなく

選手として走る訳でもない。

 

マジ良い奴らなんで応援してあげて下さい。

 

監督という立場でチームに関わっていくのだが

それは名ばかりで、書類諸々 監督という欄を埋めるために自分の名前を入れたようなレベル。

 

それだけではあまりに無責任なので、

選手達の環境を整えれるよう少しでも

寄り添いたい。

 

マジ良い奴らなんで応援してあげて下さい。

 

ほんの数日前からSNS等を使って

チーム活動を発信し始めたが、

沢山の人達に関心を持ってもらえました。

いわゆるイイね機能だが、1つ1つのイイねを

噛み締めたし、それが選手のモチベーションに直結すると思うので、とてもありがたい事。

 

発信していく上で1つ悩んだのは

自分の名前を出すかどうか。

見る側 知る側にとってはそれが先入観や

抵抗を感じる事になるのではと思い、

主役である選手達に真っ直ぐに目を向けてもらえないのでは、と考えたが。

 

自分もチームの一部でいる一種の覚悟と

お世話になっている人への報告という部分を

気持ちの中で優先しました。

 

自分は監督の器ではありませんが、

そういう位置に立つ事で人間的に大きくなれるよう進んでいこうと思います。

 

1つのチャレンジです。

 

また、こういう気持ちにさせてくれた

このチームの皆さんに感謝で一杯です。

 

マジ良い奴らなんで応援してあげて下さい。

 

f:id:magatama99:20170310183515j:image

 

 

疲労のてっぺん

 

ちょっと乗り込みました。

週末のとある練習。

 

ガチ追い込み、の予定が連日疲労で虫の息。

ノマちゅんと狂犬が一緒なので弱音吐けない。

 

メインは登りでの反復、

30秒-30秒を10本か11本。(2セットに分けて)

3セット目に1分-1分を3本で〆

 

この日の体調(抱えてる疲労)としては

まず2人と一緒にこなせた事が自分でも

感動を覚える程、疲れを通り越して(無)でした。

 

2人も踏めてて自分も踏めていた、

だと良いね。

答えは風の中。

 

ノマちゅんはメニュー形式での走り慣れもあり

毎本安定した刻み、しかも号令役も務めてくれ

こちら走る事のみに集中で楽させて頂きました。

狂犬は少しムラありといった感じで

気持ちと脚のギャップに苦しんだのかな。

 

1人では味わえない負荷でしたが

2人とこういう時間を作れた事に

出会った頃からの色々を思うと

苦しさも返って心地よく…ないか。

 

メニュー場所に行くまでの移動前半、

終わってからの移動後半、どちらも約1時間弱でしたがそれなりのペースで走った。

 

メニュー区間以外は特に考えもなく適当予定でいたが、色々思う事があり自分企画という事も利用して自分主体に走らせてもらった。

 

高め合い、まず自分の背中で見せる、

ぐらいの気迫で臨み続けれたら

 

最高。

 

 

 

 

 

 

テンション

 

土曜、堺浜で行われるレースへ。

今回も招待選手として走らせ頂いた。

 

脚も頭も、格も未熟な自分にこういう場を

与えてもらえる事は大変ありがたい。

当然走れる限り、脚が動く限り「走る」事を

心掛けた。

 

基本、2班体制で各カテゴリの出走間隔が短い場合などに対応するようにとの事だが、

自分は走らせて頂いてる立場なので

班分け関係なく全部走るのがマイルール。

 

ただ流石に分差出走だと物理的に無理で、

堺浜に関してはそれがなく全て走る事ができ

とても嬉しかった。

 

しかし裏腹に動かなくなる脚、

後半は気持ちだけで走るような状態ですが

そこから見えてくるモノは経験値として

他に変えがたいなと感じます。

 

知り合いの方も沢山居ましたが

ゆっくり話す間がなく残念。

それでも久しぶりにお会いした方など、

近況が伺えたり元気をもらえました。

レース会場そのものがテンション上がるな。

 

レース帰りは妖怪プロに連れて行って頂き

焼肉へ。

まるで追加練の如く食の強さも圧倒的。

美味しいお肉だったので圧倒されつつも

いつも以上に自分も食を太くしました。

 

感謝とかじゃ済ませれない気持ち、

なるべく早く、確実に形にしたい。

 

 

日曜、1人練それも回復目的の流しで出掛けたがノマ君練とドッキング。

走る大体の場所を聞いてはいたけど

時間的にもズレてると思いきやの見つけた時は

テンションが上がる。

番長、狂犬とノマ君。

 

なかなかの追い込み走をやっていたので

疲労一杯の脚では瞬殺と思いつつ皆にくらいついたが何とか誤魔化し誤魔化しで燃焼。

 

番長を筆頭に次いでノマ君と追い込んでいたが

狂犬は追い込んでるフリ。

脚は1番ある様子だったがその為か、

自分より上が居ないと見れば手を抜いたかな。

あくまで自分から見て感じた事なので

本人、超追い込んでるかもしれませんが。

 

伊達によく練習してないので

そんな自分から見た狂犬は弱々しい走りにしか

思いませんでした。

 

エラそうに言うも自分も追い込む時は

常なリミッターを振り切れてるかと言われたらなかなか厳しいレベル。

 

まず自分がやらねばならないし、

一緒にそういう時間を共有できる時は

切削し合いたい。

 

傷舐めあってたって、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンチャン

 

ちょっとした決断をした。

 

とあるグループ(組織)での立ち回り。

自分の立ち位置は現場全体を見渡す責務を、

僅かながらでも感じながらその場に居る。

 

しかしちと問題があり

連携、自発性などの面で大崩れ。

これじゃ何も始められない。

 

予想の範囲だがその原因は思いやり。

 

かなり悩んだが自分はその場から

距離を取る事にした。

自分が居ては 人にやらされる状態や

自分(私)の顔を伺いながらの恐る恐る状態に

なるのでは?という思いからだが、

 

加えて人には意思があり

自分で何でも自由に選択する力があると

考えており、それは皆にも当然備わってると

信じているので信頼の証として行動に出た。

 

間違った解釈をされれば現場放棄、

自分にとっては賭けに近い。

とにかく誠実さを持ってぶつかるしかない。

 

最低限は伝えて行動に出たので

その場のリーダーを筆頭に状況改善されると

思ってます。

 

こんなガチ感でやってますが

実はぼく1人ジャイアン状態で

居なくなるなり皆、あー楽しい楽しいとかね、

あったりして。

 

ピンチはチャンス。

自分の好きな言葉です。

 

問題はあるほど経験に繋がり

伸び代を作れると思ってます。