evolution.com

翼製作所

相手と自分を見る

1日挟むがちょいと夜練にお邪魔させてもらってきました。

結構人も多めに思えたが足並み揃うという雰囲気でも無く、かと言ってキレイに先頭交代するでもなく。

自分は前日に4時間練習した疲労から、脚のダルさは抜群でスタート。

しかしそういう状態で走ると一つ一つの動作が丁寧になり、返って効率が良くなり不思議とスピードが出てくるもんだと考えながら、脚のダルさと対話し続けた。

解放とまではいかないが周回を重ねる度に、脚は温まってきたのでさぁここから!という頃合いで、先頭交代できる人が居なくなり最後は1人で淡々と追い込む事に。

踏んだ実感も踏めている感覚も無いので正直拍子抜けではあったが、皆さん調子悪いのかもしれません。

1人だったらサボっていたかもしれないし、また違った1日を過ごしていたので、ご一緒させて頂いた事がまず有り難いです。

練習の場にお邪魔すると色々な走りの人がいます。明らかにレース経験を積んでる人、フィジカルでやってますって人、他人を気遣える人、付いてくので必死な人。

色々なレベルの人が集まって走れるのは自転車の素晴らしいところ。それは未だに凄く感じます。

やや難しい表現になるかもしれませんが、自転車で競技志向となるとどうしてもセオリーを無視できません。それを基礎というなら基礎から逸れた走りをするならそれなりのズバ抜けた才能か力が要る気がします。

自分の場合その2つが極めて平凡で並なので、セオリーと基礎固めを無視出来ません。

人と走るのは刺激、それに出会い。それがどんな形でも大きな学び、

流石に殴られ蹴られたら参りますが。

群馬へ群馬へ

少し日が経ってしまったが、4月最後の土日はこの時期お馴染み群馬へ。

前投稿でも記した通り現在自分が所属しているチームと動きがバラつくため、日頃練習や色々なお付き合いでお世話になってる方々の便にお邪魔させてもらいました。

これは非常に有り難いです。やはり道中もリラックスでき自転車という共通点こそあるものの、職種や年齢も違う人の話は人生勉強になります。

とはいえ肝心なレースが後回しな過ごし方になるのはご法度、程よく最低限のルーティンを押さえつつ当日を迎えた。

f:id:magatama99:20190509022432j:image写真、川崎さん

ヘルメット、アイウェア、ジャージ、ソックス等は前日に受け取るもレースで装着に不快感は一切無く、むしろ快適で走る事に集中できました。

この日は150㎞とやや長丁場、最初のガチャガチャも早々に沈静化し、中ダルみ〜ちょっとアガる〜牽制といった具合で残り距離も数えれる程に。

f:id:magatama99:20190509023138j:image写真、岡元さん

さぁここからペース上がるぞ、というタイミングでチーム内でおそらく最も勝負できる脚の選手が痛恨のパンク。近くにいた自分は気付く事が出来たので一緒に集団から降り待機。

機材カーによるホイール交換を済ませ、さぁ集団復帰させるぞと更にチームメイトもう1人を加えて3人で全開走行。

無事に勝負できる脚の選手は集団へ戻れましたが自分はそのまま脚が終わりドロップ。とその前に復帰走行ですでに脚が固まっており中々の役立たずっぷりを発揮してしまった。

動きとしては一見チーム的な走りに思うが、やはり実感と結果がマッチングしていないと…。逆を返せば自分があとどれくらいの走りが出来ればこの役、あの役が出来るなというモノは見えたので引き続き、だけど急ピッチでその脚を仕上げて行きたい所。

とても有り難い環境です。

この日、完走についてはラインを潜れていました。もちろん必死です。何か一つ間違えれば危ういです。

昨年から基本的にまともに走れてない自分にとっては、完走というちょっと意識は低いですが何かしらの形を残すのは今回、目的の一つではありました。

でも迷う事なく動いた結果なのでその時の判断には後悔してません、それより自分の力の無さを人を引き上げようと試みた事で痛感しました。

めっちゃ強なってチームの歯車を担った後も完走したり、自分でも順位を狙っていくしかありません。それが漢っぽくて志し甲斐があるなと。

昨年も身に染みましたが一年はあっという間です。そのレースがダメでまた練習して次のレース頑張ろう、では話になりません。

常に目の色を変えてレースに練習に入り込むしかありません。

完走も大切な事、でもそれ以上の事を今のチームでは学べるかもしれません。まずは人に力を貸す前に自分の事を自分で出来ねば…。鳴呼

晴れの国

週末は岡山でイベントレースがあり、又々今回もお手伝いライダーとして走らせて頂けるスペシャルな事態。

広島でも実業団レースが同日ありましたが都合が付かず断念してましたが一転して、充実した週末を過ごしました。f:id:magatama99:20190424173327j:image

選手達がそちらへ流れてる事もあり招待選手もかなり少なめ、こりゃヤバイなと思いつつそれは返ってチャンスでは?とやるべき事をやりつつもう一段、更にもう一段と自分の役目を探りつつ、追い込ませて頂きました。

気付けば220㎞、内容が伴ってるかは怪しいですが走らせて頂いてる立場という事や、周りの招待選手である先輩方と同じ量を走っていては強くなったとしても追い越せないのでは?と単細胞よろしく、走り回ってました。

ただあくまで主役は参加されてるライダーの皆さんなので、そこのバランスが崩れないよう脚と頭の学び。

f:id:magatama99:20190424173313j:image

今回は前日の準備から入らせて頂き、中々見る事が出来ない裏方作業。色々な人の動きがあって成り立っているのを感じる機会になりました。

そして妖怪プ…いやナガラさんとの相部屋では様々なご経験談を聞けたり、自転車熱が高まる夜。

大変有り難い。

男ならその気持ちを形にしてこそ。

ここ最近疲労のピークを感じており、当日もスタートからよろしく無い感覚でしたが何とか耐え、復調かな?という疲労感を今は得てます。

 

次の週末は群馬。こんな自分には勿体ない環境を頂き次のチームでは移動や宿など、殆どお任せ状態。これは選手としてはとてもストレスフリー。身体はもちろん経済的にも助かり、より走りに集中できますがその肝心な走りは?の一言になってきます。 だからガチのプロは凄い。

頑張る、必死になるを言う暇があるなら走りに出して伝え、返して、発信するのが大切です。キツイ、苦しい、と口にして脚を止めるのはもはや論外。常に自分に問いたいこれら。

 

ただ今回は他メンバーの動きも変則的だったりするので、せっかくなら普段から顔馴染みのお知り合いとご一緒したいなと、昨年から練習にお家パーティにお世話になっている方の便に無理を聞いて頂き厄介に。これも大変有り難い。

ただ本来ほぼ無負担で現地へ向かえる事を思うと今年少なくともあと15レース以上、内10回は関東行く事になるので、金銭的には最初で最後かなと首が回らない自分の資金力。

一緒に行きたい人や楽しめる人と行くのは非常に愉快、でも自分の目標の一つにレースを走るのにお金を掛けずに済む程の強い選手になるというのがあり、それはブレずにいれたらと思います。

手に入れた(与えて頂いた)今の環境でまた目標に少しではありますが近づきました、でもいつ失うか分からない。更に上を目指せないかもしれない。

このプレッシャーという感情、向上心との相性は悪くないので楽しんでます。が、あくまで社会人ライダーなので…。

誤解を避けるべく補足させて頂くとお金を掛けたくないという事じゃありません。家計は火の車に違いありませんが。

意地の力

自分が住んでる辺りでは割とお馴染み、舞洲で行われるクリテリウムに行ってきました。

結果から言うとC1カテゴリで3位に沈んでしまう事に。

当初このレースは前進ボーイズ達が実業団の方で出走予定でしたが、ゴタゴタがあり誰も出ない事態に。サポート目的ついでに自分も一般の部でエントリーしてた事から単独会場入り。

f:id:magatama99:20190409123837j:image写真 川崎さん。

f:id:magatama99:20190409124004j:image写真  芦田君。

最近の練習疲労からか脚の状態は最悪。やれる事は少ないと後半の勝負所に動きを絞った結果、先行集団に単独で合流する事に成功。

それまでにも2〜3度試みたが後ろが活性化してしまい、まだまだ皆さん脚が残ってると状況観察。前に追いつく距離と脚は確保できていたが、ついこういう場面で面倒くさがって牽き切る走りはあるあるだがナンセンス。前を牽くのは自分が得する時だけだ。その辺がこのC1カテゴリは元プロも出てる事から走りがハッキリしてる。

自分は単独で追いつく算段が出来ているだけに集団と先行集団の差は大きい方が嬉しかった。いつもなら個の力でプッシュしに行くが同じように考えてる選手は他にもいるので、その力を利用して更にゴール前で脚を残していきたい、体調不良からまともな思考が働く。

折を見て先行集団に合流の際、1人単独で抜け出しており(VCのサトウ選手)先行集団で一度休みたい所ではあったが合流した勢いを使ってサトウ選手の所まで合流。

f:id:magatama99:20190409123900j:image写真、横尾さん。

どういう経緯で前がその形になったかは分からないが、一度先行集団で脚を休めようとすれば新顔の自分が混ざれば頼られる=牽制が入る=後ろの集団が追いついてくる、とあまり良い事は無かっただろう。

サトウ選手と2人で2周程刻んだが自分よりも終始前で脚を使われていたからか、やや消耗ぎみでペースは上がらない。スプリント力に長けながらもそこだけに頼らず前々で走る強い選手です。あとヤマシナがお世話なってます。

 

まもなくラスト2周というところで後ろから再びプッシュしてきたフクドメ選手が合流、良い勢いだった。

その勢いにあやかったが後ろはスプリント体制で列車状態、このペースでは捕まると判断しラスト1周に入るタイミングで単独で先行を試みたがラスト50m程の所で後方の追い上げに交わされ3位に沈んでしまった。

終わってみればもっと踏めたのでは?という気持ちが嫌という程に湧いてくるが、実際に踏めた踏めないがあったとしても事実この時は踏めてなかったのだ、踏みが足りなかった。

それがどれぐらい、ギア更に一段、ケイデンス更に5回転、更に50ワットを足すかで自分が表彰台で立つ位置が変わったのかと考えると、そこは勝ち意地が足りないなの一言です。

少し話を戻せば脚の状態が最悪というスタートから終わってみれば勝負に絡むに至ったこの落差に自分で驚いてます。それ程にどうしようも無かったので。f:id:magatama99:20190409124153j:image写真 マリーさん。

もう一つ言うとこのレース、このカテゴリはゴールスプリントの展開になると某元プロ選手方に盤石の体制でやられます。

バリバリ走られていたであろう頃から比べ、走力が自分みたいな子猫ちゃん寄りになって下さってるのは感じますが平坦と短いレース時間だと技術やご経験なのか、それがゴール前となると太刀打ちが難しい事が多い。

相手の出方が分かってるとも言えるので、自分みたいな子猫ちゃんはそういう展開になる前に1秒でも2秒でも前の集団に潜り込む事で勝率が上がると考えてます。

強い選手がいるおかげで自分の力が引き上げられるので感謝です、そして悔しい。

勝てた、というのが見えたり触れた実感があるとやはり楽しめますね。

基本自分主体の日記になりましたが、お知り合いも沢山いて、レース後は声も掛けて頂けて独りぼっちにならずに済みました。

潜入!小林邸。

随分暖かくなりました、がたまに気温下がるのでまだまだ寒暖差には注意です。自分もズボラなのでケアを怠けつい喉がイガイガになったり。

先週末は自転車のお仲間繋がりで連日練習の企画があり、そちらへお邪魔する事に。

土曜は登坂主体の練習、コースも短くはあるもののパンチが効いてます。ただ皆さん本調子じゃないのか坂に入る手前ですでに消耗ぎみ、肝心の坂はマイペース走。。。。

必ず負けないというのが目に見えてくると、やはりどこかで自分に甘えてしまい、一段落とした走りをする辺りまだまだです。

とはいえ平坦では力量が違っても集団走行が可能なので、皆さんに引き上げて頂きながら自分も追い込み優先で踏めるだけ踏みました。…がこっちもまだまだ力不足。

大変良い練習をさせて頂きました。

 

翌日日曜は場所を変えた周回コース、向かい風が強烈でまさに練習日和、何も考えなくても負荷が襲ってくるので楽、もはや苦しむのは当たり前という脳内が憎憎しい。

自分は遅れた人とご一緒しましたが、ペダリングやフォームを確かめる目的が前日の疲労で、あわや千切られるかもと綱渡り走行。

ここだけの話「待たせている」「合わせてもらっている」をいかに感じさせないようにするのはちょっとしたポイントですが、エゴと献身の違いを探るのはレースレベルでも必要な能力。

自分のような未熟者なら尚更、願い出たい所。

たまたま走力差があるだけで多少の力関係は生まれるものの、ぼくが学ぶ側教えて頂く側には違いありません。だから一緒に走ってくれる人には感謝です。

 

f:id:magatama99:20190404121005j:image練習後は小林邸へ。

練習ご企画して下さったカワサキさんのお声掛けでまたこうして素敵な会を開いて頂きました。

小林邸には薪ストーブがあり、そこで焼き上げるピッツァはもうコレほんと格別。

焼き上げ担当?の小林さん、終始調理して頂いた奥様には申し訳ない…けどピッツァ美味しいから手と口が止まらない……というジレンマ。

 

帰りはアシダ君と80㎞程の道のりを自走帰宅。真っ暗かつ、練習終えた脚は乳酸溜まりまくりでしたがピッツァパワーなのかスタート1分で爆走開始。ワガママにも先頭で走らせてもらい自分の好きなペーシングで追い込ませてもらいました。

 

鳴呼、充実かな充実かな。

狂い時

一か月近くぶりの更新になります。

イベントは沢山舞い降りていますが言葉通り日々に追われてるなという具合です。

なるべくその日起きた事、その日感じた事をその日に書いてなんぼの日記かと思ってるのでその日に記せなければ、もういいやとお流れ。

形に残す事で考えを深める、気付きを増やすのがこの日記を続けてる目的の一つなので、もっとマメに日記を書く時間を作らなければ…。

あ、もちろん細やかな発信も目的です。

今は練習量は二の次となり質の割合が増えてきてます、幸い毎週何かしらのレースイベントを走る機会に恵まれたので、そこで質は自動的に上がります。

平日は補足や充填と、また次の週末イベントへ向け体調を整えるようなリズム。

ただ慣れは有り難くもあれば怖い、物足りなさを感じるんです。その一方物足りてもこの程度ではダメだと気が急いてしまう。でも体は疲れてて追いつかない。などなど。

自転車に限りませんがトレーニングは回復とセットでもあるので、オーバートレーニングはよろしくありません。 

月500で疲労を語るのはややナンセンスですが(やりようは有る)。

急に月500㎞の人が2000㎞乗れば、中身は度外視で乗った疲れに襲われるでしょう。やがて慣れますが2000㎞乗る事が絶対正解、成功への道かは分からない訳です。

体力は付いてくるので例えば5分走を月500㎞の人より3回多く実施出来る可能性が高くなります、両者どちらがレースで対応できるかは言わずもがな。あくまで私感で端的な例えですが。

その昔、数値的な管理で行った時期もありましたが今は殆ど感覚です。

基本、トーシロあがりのメンタルがフニャフニャですので走り出せばすぐに気持ちの壁に当たります。今年はそれを何度壊していけるか。

 

シーズンが始まってます。

平坦、坂、巡航、スプリント、どんな場面に問わず狂ったような練習が続きます。

鳴呼、苦しみは快感なり。

芯があるとか無いとか

更新を随分ご無沙汰してしまいました。

時期的にはいよいよシーズンインという感じで選手はみんな思い思い仕上げて来てるはずです。自分はというと相変わらず低空飛行ではありますが、体の動き自体は酷くも無くイメージ通り動ける所も少し作れたかもしれません。

ただ少し程度ではお話になりませんが。

 

後は写真振り返りで手抜きになりますが。f:id:magatama99:20190228131446j:image
f:id:magatama99:20190228131442j:image
f:id:magatama99:20190228131437j:image